腎臓の健康

シリアル

クレアチニンというのは、体にとってよくないものではありますが、誰にでも存在するものです。
しかし、あまりにも多い、少ないという場合には健康が損なわれてしまいます。基準値から外れているという場合には、腎臓になにかしらの病気が潜んでいるとかんがえるようにしましょう。

クレアチニンとは一体どのようなものなのか?
簡単にいうと、老廃物です。クレアチニンは、グリシン、アルギニン、メチオニンといった成分から成り立っています。元々、クレアチニンは尿となって体外へ排出されることとなります。その際、腎臓を通過することとなるのですが、腎臓で濾過しきれなかった分が体内へ蓄積されてしまいます。
腎臓に障害があった場合には全てのクレアチニンが濾過されませんので、血液中へ戻ってしまいます。

検査を行ない、クレアチニンの値が高い場合には、急性腎炎や慢性腎炎、尿毒症、腎不全といった病気のリスクがあります。クレアチニンが低い場合には、筋ジストロフィー、多発性筋炎、筋萎縮性側索硬化症といった病気のリスクがあります。
クレアチニンの値が高くても低くても基準値から外れていることで、腎臓が健康ではないというようになってしまいます。

腎臓の健康を保ちたいということであれば、サプリメントを活用することで正常値を保つことが出来ます。サプリメントは手軽に手に入れることが可能なので、すぐにでも取り入れることができます。
これからの健康を考えて、自分の生活や食生活などを見直すようにしましょう。